馬券予想ブログ~馬券予想サイトの中から厳選した買い目馬券を紹介

馬券予想
競馬記事トップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
↑応援お願いします!馬券的中目指して頑張ります♪

天皇賞(春)の1番人気、ゴールドシップを考察

今年の天皇賞の出馬表が発表されましたが、皆さんはもう見られましたか?

簡単な出馬表を記載しますのでまだの方はコチラをどうぞ。

枠番馬番馬名馬齢斤量騎手
11トーセンラー牡558.0kg武豊
12サトノシュレン牡558.0kg幸英明
23デスペラード牡558.0kg浜中俊
24ジャガーメイル牡958.0kg戸崎圭太
35マイネルキッツ牡1058.0kgC.デムーロ
36フェノーメノ牡458.0kg蛯名正義
47アドマイヤラクティ牡558.0kg岩田康誠
48ゴールドシップ牡458.0kg内田博幸
59ユニバーサルバンク牡558.0kg川田将雅
510メイショウカンパク牡658.0kg藤田伸二
611トウカイトリック牡1158.0kg北村宏司
612フォゲッタブル牡758.0kg和田竜二
713レッドカドーセ758.0kgG.モッセ
714コパノジングー牡858.0kg国分恭介
715カポーティスター牡458.0kg高倉稜
816トウカイパラダイス牡658.0kg柴山雄一
817レッドデイヴィスセ558.0kg北村友一
818ムスカテール牡558.0kg福永祐一

予想オッズ表も一緒に載せておきます。

予想オッズ表

やはり一番人気はゴールドシップですね。
新聞や雑誌などでもゴールドシップの一強ムードが漂っています。
しかし、この本命馬には本当に死角はないのでしょうか?
過去に1強馬として出走した馬たちを思い起こしてみましょう。

2006年の天皇賞・春では、単勝1.1倍のまさに一強というダントツの人気を集めたディープインパクトが、道中ほぼ最後方から3コーナーでロングスパートを敢行し、そのまま押し切りました。
観客からどよめきが起こるほどの、セオリーを超えたレースぶりは、もはや伝説になっています。

1991年と1994年の天皇賞・春も、一強ムードの中レースが行われました。
1991年がメジロマックイーン、1994年がビワハヤヒデがそれぞれ1番人気で、どちらも期待通りのレース運びで勝利してます。

しかし、天皇賞・春では過去に一強とされながらも勝てなかったケースが多々あります。

まず思い出すのは、昨年のオルフェーヴルです。
普通に走れば敵なしと言われ、単勝1.3倍の圧倒的な1番人気に推されていましたが、結果は11着の大敗。
敗因として挙げられたのは、体調不良やストレスと言われました。

1993年、3連覇を目指したメジロマックイーンは自身最高の単勝1.6倍という支持を受けましたが、結果は2着に終わっています。

では、肝心のゴールドシップはどうなのでしょうか。
調整は極めて順調のようですし、余程のロスがなければ“逆転劇”が起こる可能性は低そうですが、能力的に引けをとらない馬が一頭います。2番人気のフェノーメノです。

実際、ゴールドシップと顔を合わせた昨年の日本ダービーでは、フェノーメノ2着・ゴールドシップ5着と先着していて、ポテンシャルでは決して引けはとりません。
しかし、フェノーメノは3000mを超えるレース、関西圏への長距離輸送ともに今回が初めての経験です。
そのあたりがどう影響するのか懸念されます。

はたして、ゴールドシップは、一強という評価に応えて快勝劇を見せられるのでしょうか。
それとも対抗・穴馬たちが主役に踊り出るのか。
注目の一戦になりますね。

blogram投票ボタン
↑応援お願いします!馬券的中目指して頑張ります♪

スポンサーサイト

天皇賞・春について考察

皆さん、今週の天皇賞(春)の予想は順調に進んでますか?
オルフェーブルが回避したのでやはり1着はあの馬が堅いですかね・・・?
なんにしても、熱い戦いが観たいものです。

京都芝3200m外回り。
スタートは向う正面の坂下からで淀の坂を2回越えるタフなコース。
3コーナーまでは400mちょっとありますが、いきなり急坂の上、3200の長丁場だからペースが早くなることはないと考えられます。

極端なスローのヨーイドンにならない限り、やっぱり必要なのはスタミナ。
長距離実績はやはり大事です。

基本的には逃げ馬に厳しく、差し馬が有利なコース。
とは言っても後ろ過ぎても届かない。4コーナー出口ではある程度のポジションが取れる馬が狙いかと思われます。

しかし春天やエリザベス女王杯で、大穴が来る時は大抵逃げ馬です。
今年のメンバーを見る限り玉砕的な逃げを打つ馬は見当たりませんが注意が必要です。

優勝候補筆頭のゴールドシップは皐月賞、菊花賞、有馬記念のG1を3勝しています。
すべて追い込みでの勝利は、実力がずば抜けてないとできない勝ち方ですね。

弱点はスローの瞬発力勝負で、これはダービーの時にもかなり話題になりました。
しかし、どう考えてもゴールドシップは「持続力」型。
超スローになったとしても、3200のスタミナ戦ではゴールドシップの超ロングスパートについて行ける馬は見当たらないかと思います。

対抗馬はフェノーメノ
実力は申し分ありませんが、距離適性があるかが最大のポイントになります。
。 3200mの距離と、京都コースが未経験であることが懸念されるところです。

ジャガーメイルは2010年天皇賞(春)の覇者です。
京都3200mのコースに高い適正があります。
9歳と高齢ですが、G1香港ヴァーズ2着・ダイヤモンド2着と1戦級馬相手でも互角に戦えることを示しています。

アドマイヤラクティは13戦連続で3着圏内を確保しているアベレージヒッターです。
ダイヤモンドSは2着馬ジャガーメイルに2馬身半差をつけて圧勝しました。
初の3000m超のレースで強い競馬が出来たのは、長い距離に向いている事を十分に示しています。

あとは未知の外国馬、レッドカドーが怖い存在ですね。

前回も大まかに書いたのですが、今年の天皇賞・春、やはり上位に絡んでくる馬はこの5頭あたりになるのではないでしょうか。少なくとも1着はゴールドシップで間違いないような気が・・・。
まあ、レースまでまだ十分時間はありますので、皆さんじっくり予想を立てられて下さいね。

blogram投票ボタン
↑応援お願いします!馬券的中目指して頑張ります♪

週末の天皇賞(春)と青葉賞を考察

今週末の中央競馬は福島競馬の降雪順延により、29日(祝月)も含めた3日間開催となります。
なかでも27日(土)の日本ダービートライアルの青葉賞や、28日(日)の古馬長距離No.1決定戦の天皇賞(春)といった重賞レースが注目です。
各レースに出走を予定している、主な有力馬を挙げていきます。

4/27(土) 青葉賞(3歳・GII・東京芝2400m)

レッドレイヴン(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)
函館芝1800mの新馬、500万の百日草特別で連勝し、前走・東スポ杯2歳Sは皐月賞3着馬のコディーノの2着。間隔が開くのが課題ですが、実績面ではここでは上位の存在なだけに改めて力を示したいところです。

ダービーフィズ(牡3、美浦・小島太厩舎)
前走・弥生賞では皐月賞の2.3着、毎日杯優勝馬を前にして7着に敗れましたが、着差は勝ち馬カミノタサハラから0.6秒差と大きく離されていませんでした。相手関係が楽になりそうなこのレースは2着までに入ってダービー出走を狙いたいです。

トウシンモンステラ(牡3、栗東・村山明厩舎)
500万・重賞で差のないレースを続けたあと、前走2400mのゆきやなぎ賞では後方追走から直線は一気に差し切るレースを見せました。前走後はダービーを目標としてきただけに、引き続き注目されます。

ヒラボクディープ(牡3、栗東・国枝栄厩舎)
前走・中山の水仙賞(芝2200m)で2勝目を挙げています。2400mも2走前にゆりかもめ賞で惜しい4着としており、ダービー出走に向けても何とか好勝負に持ち込みたいところです。

ゴールドシップ(牡3、栗東・松田博資厩舎)
きさらぎ賞2番人気でまさかの8着でしたが、その後は立て直しに成功。すみれS2着、前走・大寒桜賞(芝2200m)で結果を残しています。重賞再挑戦となるここは、初の東京コースで末脚を生かしたいです。

その他、前走・アザレア賞で末脚を繰り出して差し切ったアドマイヤスピカ(牡3、栗東・松田博資厩舎)や、皐月賞トライアルの若葉Sで3着としたサトノノブレス(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)など注目馬が多く、ダービー切符を賭けた戦いは混戦模様となりそうです。

以下は青葉賞のネット競馬での予想オッズです

青葉賞予想オッズ

4/28(日) 天皇賞・春(4歳上・GI・京都3200m)

ゴールドシップ(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)
昨年の皐月賞・菊花賞を制してクラシック2冠、さらに年末の有馬記念では古馬を制して中長距離GIを3勝。年明けの阪神大賞典でも、トレードマークの「マクリ」を決めて完勝しました。誰もが認める優勝候補です。

フェノーメノ(牡4、美浦・戸田博文厩舎)
昨年の日本ダービーでハナ差の2着。その後、セントライト記念・日経賞と重賞2勝を挙げ、力を付けてきてます。ダービー以来のゴールドシップとの直接対決が、このレースの最大の見どころです。

ムスカテール(牡5、栗東・友道康夫厩舎)
重賞勝ちこそないが、OP入りしてからは中・長距離重賞で3戦連続3着以内を続けており、順調に成長しています。堅実な走りで、上位争いの一角に加われるでしょうか。

アドマイヤラクティ(牡5、栗東・梅田智之厩舎)
昨年末の金鯱賞・年明けのAJCCで連続3着としたあと、前走・ダイヤモンドSで重賞初勝利を飾りました。前走内容からも長丁場への対応力はあるので、一発を狙えます。

トーセンラー(牡5、栗東・藤原英昭厩舎)
休み明けの京都記念で、2011年のきさらぎ賞以来2度目の重賞制覇を飾って復活。とりわけ、京都外回りコースでは2011年菊花賞でオルフェーヴルの3着など実績十分のコースでもあり、引き続き上位への食い込みが期待されます。

レッドカドー(セン7、英・E. ダンロップ厩舎)
香港ヴァーズ(香港GI・2400m)でジャガーメイルとの叩き合いを制して優勝。前走はオルウェザーのドバイワールドCに出走し、2着に入った。長丁場に大きな自信を持っています。

ジャガーメイル(牡9、美浦・堀宣行厩舎)
2010年の覇者。9歳シーズンを迎えましたが、香港ヴァーズでの2着、前走・ダイヤモンドSでは58.5キロを背負っての2着など、長丁場での安定感は健在。昨年も4着に入った得意舞台でベテランの味で上位を狙います。

その他、2009年の覇者で、翌年の2着馬マイネルキッツ(牡10、美浦・国枝栄厩舎)や、ディープインパクトが制した2006年以降、8年連続8度目の出走を無事に迎えるトウカイトリック(牡11、栗東・野中賢二厩舎)など、一癖も二癖もある面子が、春の天皇盾を目指して激戦を繰り広げます。

以下は天皇賞(春)のネット競馬での予想オッズです

天皇賞(春)予想オッズ

週末が楽しみですね。また情報が増え次第更新します。

blogram投票ボタン
↑応援お願いします!馬券的中目指して頑張ります♪

マイラーズカップ&フローラステークス 結果

21日、京都競馬場で安田記念へ向けた前哨戦・マイラーズC(4歳上・GII・芝1600m)が行われました。
そのレースを振り返ってみましょう。

マイラーズカップ

道中では中団を走っていた浜中(俊)騎手騎乗の5番人気グランプリボス(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)が、4コーナーで大外から先行集団へ接近。直線で内から先頭に立った1番人気カレンブラックヒル(牡4、栗東・平田修厩舎)をゴール前で外から差し切り1着でゴールインしました。勝ちタイムは1分32秒6(良)。
2着は8番人気サンレイレーザー(牡4、栗東・高橋義忠厩舎)で3着に3番人気ダノンシャーク(牡5、栗東・大久保龍志厩舎)が入りました。
一旦は先頭に立った1番人気のカレンブラックヒルは、その後クビ差遅れての4着で終わっています。なお、2番人気クラレント(牡4、栗東・橋口弘次郎厩舎)は脚が伸びず、8着でした。

マイラーズカップの着順はこうなってます。

1着8枠17番グランプリボス
2着7枠14番サンレイレーザー
3着6枠12番ダノンシャーク
4着5枠9番カレンブラックヒル
5着6枠11番フィフスペトル
6着5枠10番マジンプロスパー
7着8枠16番レインボーダリア
8着1枠2番クラレント
9着4枠7番ファイナルフォーム
10着1枠1番オセアニアボス
11着4枠8番アスカクリチャン
12着2枠4番カネトシディオス
13着3枠6番スマートギア
14着7枠13番シルポート
15着3枠5番オースミスパーク
16着2枠3番ダノンヨーヨー
17着8枠18番エーシンメンフィス
18着7枠15番タイキパーシヴァル

勝ったグランプリボスは、父サクラバクシンオー、母ロージーミスト、その父サンデーサイレンスという良血統。自身5度目の重賞V・通算6勝目を挙げました。

配当などの詳しい結果はyahoo競馬ニュースをご覧下さい。

そして週末にあったもう一つの注目レースの結果も。

フローラステークス

21日、東京競馬場で行われた「オークストライアル」フローラS(3歳・牝・GII・芝2000m)では、内田博幸騎手騎乗の1番人気デニムアンドルビー(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)が優勝しています。
序盤は一時最後方に下がっていましたが、4コーナーで外々を回りながら徐々に中団へと押し上げると、残り160mで各馬を差し切り、1着でゴール。
2番人気エバーブロッサム(牝3、美浦・堀宣行厩舎)に、3/4馬身差をつけました。勝ちタイムは2分3秒9(稍重)。
さらに3/4馬身差の3着に9番人気ブリュネット(牝3、栗東・千田輝彦厩舎)。
なお、3番人気スイートサルサ(牝3、美浦・菊川正達厩舎)はゴール前での伸びを欠き、6着に敗れています。

フローラステークスの着順はこうなってます。

1着6枠12番 デニムアンドルビー
2着5枠10番 エバーブロッサム
3着3枠6番 ブリュネット
4着8枠18番 テンシンランマン
5着3枠5番 タガノミューチャン
6着1枠2番 スイートサルサ
7着4枠7番 ナンヨーユナ
8着2枠4番 インカンデセンス
9着6枠11番 セキショウ
10着7枠15番 ロジプリンセス
11着5枠9番 ラキシス
12着2枠3番 イリュミナンス
13着1枠1番 オースミミズホ
14着7枠14番 アニマトゥール
15着8枠17番 エクスパーシヴ
16着8枠16番 ブリリアントアスク
17着4枠8番 アルマシャウラ
18着7枠13番 グッドレインボー

勝ったデニムアンドルビーは、父ディープインパクト、母ベネンシアドール、その父キングカメハメハという超優良な血統。新馬、未勝利と2着続きに泣くレースが続いていたが、前走で初勝利。そして今回は嬉しい重賞初制覇でした。

配当などの詳しい結果はyahoo競馬ニュースをご覧下さい。

blogram投票ボタン
↑応援お願いします!馬券的中目指して頑張ります♪

フローラステークス2013 レース情報

前回、マイラーズカップのレースについて書かせて頂いたが、

今週はフローラステークスもあります。

オークストライアルだけあって、最近はオークス本番でも上位人気馬が出走してます。

ちょっと面白い特徴としては、勝ち馬に騎乗した騎手は関東所属が目立つレース。
今年も人気馬には関東騎手が騎乗しているようです。

エバーブロッサムには戸崎(圭)騎手。
スイートサルサには蛯名騎手。
テンシンランマンには田中(勝)騎手などです。

フローラステークスの出走予定馬はコチラです。

イリュミナンス
エバーブロッサム
スイートサルサ
デニムアンドルビー
テンシンランマン
ロジプリンセス
セキショウ
グッドレインボー
ラキシス
ブリリアントアスク
ナンヨーユナ
エクスパーシヴ
タガノミューチャン
ブリュネット
オースミミズホ
インカンデセンス
アニマトゥール
アルマシャウラ

好走が期待されたラストグルーヴが回避することになりました。
父は3冠馬ディープインパクト、母はオークスなどを制した名牝エアグルーヴという超良血馬で、
祖母ダイナカールと母に続くオークス3代制覇が期待されていただけに、残念です。

注目馬は、ラストグルーヴと同じディープインパクト産駒の2頭、デニムアンドルビーとエバーブロッサム。そして武(豊)騎手が乗るイリュミナンス。
あとはテンシンランマンとスイートサルサあたりが絡んでくるのではないでしょうか。

なかでも、美浦での木曜追いで絶好の動きを見せたエバーブロッサムが期待できそうです。

そしてネット競馬でのオッズ表(4/19 11:00 時点)も載せておきます。

フローラ・オッズ

やはりイリュミナンス、エバーブロッサムあたりが人気のようですね。

みなさんもこのデータを参考に予想を楽しんで下さいね。

blogram投票ボタン
↑応援お願いします!馬券的中目指して頑張ります♪

?馬券予想

競馬記事ボトム

競馬が何倍も楽しくなる!!
そして当たる!

みんなの予想サイトイメージ

みんなの予想.com
⇒今週のみんなの予想は!?

大川慶次郎イメージ

大川慶次郎
競馬の神様と呼ばれた人をご存知ですか!?まぐれじゃない完璧な勝利をあなたに!!
⇒無料予想情報を見に行く!!

win5予想サイト 1番当たるくじは うまっぷ
競馬記事トップ

競馬サイト関連


おすすめの競馬予想会社をランキング形式で紹介!

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

馬券の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (146)

競馬基礎知識 (6)

馬券予想サイト比較、所信表明 (2)

馬券予想サイトの評判 (13)

馬券予想サイトの口コミ (1)

馬券術 (5)

競馬予想 (79)

競馬日記 (9)

過去データ (15)

競馬予想結果 (13)

ロト6って儲かるの? (10)

WIN5 (3)

宝くじ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

競馬記事ボトム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。